「ツムギヤ」代表 竹内章(たけうち・あきら)

ライティングコンサルタントと、取材・インタビューによる原稿執筆を手掛けるフリーライター。

元新聞記者(記者歴約17年)。1974年生まれ、富山県出身。長崎県の離島・五島列島在住。取材、インタビュー経験は記者時代を含め数千件。

2015年夏、新聞社を退社し五島列島・新上五島町へ「地域おこし協力隊」として移住。3年間の任期を経て2018年春、島在住のままフリーライターとして独立。

2018年夏、国が全国に設置する経営相談所「長崎県よろず支援拠点」のコーディネーターに就任。マスコミ向け情報発信ツール「プレスリリース」の書き方、売り上げアップにつながる文章術などを通じ、中小企業の経営支援を手掛ける。

~母を支えたもの、僕を支えるもの~

他界した僕の母親は、何十年も難病と闘っていました。

体力がなく、日光を浴びるのもダメ。なので、家の中で本を読むことを楽しみにしていました。
子供のころ、一緒に「おでかけ」した記憶は一度しかありません。

お金もないのに、自宅には本ばかり。僕も文章に親しむようになったのは自然な流れでした。

僕が社会に出た際、最初に選んだ就職先は、やはりというか文章を扱う会社。
独立したいま手掛けている仕事も結局、すべて言葉に関わっています。
母がいて、今の僕があります。

母は文章に親しむことで、それなりに厳しい人生に豊かさを見出し、救われていたように思います。

言葉には力がある。

このことは、母親を見て学びました。
僕も、言葉を通じて誰かの背中を押すような、そんな仕事をしたいと願っています。

【メディア掲載】

長崎新聞 2018年5月30日付朝刊 「島のフリーライター 本格始動 文章には感動させる力」

長崎県広報誌 「つたえる県ながさき」2018年7月号

ほか多数。

【主な肩書】

中小企業庁・長崎県よろず支援拠点 コーディネーター

中小企業庁委託事業として中小企業・小規模事業者をサポートする「ミラサポ」専門家

長崎県商工会連合会 経営・技術基盤強化支援事業(エキスパートバンク事業)専門家

長崎県による人材育成に関する登録講師「たのめる講師」

【セミナー実績】

長崎県よろず支援拠点 マスコミへの取材依頼「プレスリリース」の書き方(2019年3月11日

長崎県ビジネス支援プラザ 出島サタモニ起業塾(2019年1月26日

長崎南商工会 創業・第二創業事業計画策定セミナー(2019年2月23日)

長崎県中小企業団体事務局代表者協議会総会・研修会 (2019年8月29日)

長崎市男女共同参画推進センター主催講座 女性のための起業連続講座「アマランス起業塾」 (2019年9月21日)

長崎県ビジネス支援プラザ 売上UPにつながる文章の書き方セミナー(2020年2月29日)

長崎県よろず支援拠点 マスコミへの取材依頼「プレスリリース」の書き方(2020年3月9日)

長崎市男女共同参画推進センター主催口座 女性のための起業連続講座「アマランス起業塾」(2020年6月20日)