【メディア掲載】

長崎新聞 2018年5月30日付朝刊 「島のフリーライター 本格始動 文章には感動させる力」

長崎県広報誌 「つたえる県ながさき」2018年7月号

【セミナー】

長崎県よろず支援拠点 マスコミへの取材依頼「プレスリリース」の書き方(2019年3月11日

長崎県ビジネス支援プラザ 出島サタモニ起業塾(2019年1月26日

長崎南商工会 創業・第二創業事業計画策定セミナー(2019年2月23日)

長崎県中小企業団体事務局代表者協議会総会・研修会 (2019年8月29日)

長崎市男女共同参画推進センター主催講座 女性のための起業連続講座「アマランス起業塾」 (2019年9月21日)

長崎県ビジネス支援プラザ 売上UPにつながる文章の書き方セミナー(2020年2月29日)

長崎県よろず支援拠点 マスコミへの取材依頼「プレスリリース」の書き方(2020年3月9日)

【プレスリリース作成支援によるメディア掲載実績】

20191104西日本新聞「『風人もよう』ことばサロンTSUMUGI」(18P長崎県版・長崎ワイド面)
20190927読売新聞「『特殊技能』取得県内でも 改正入管法半年 起業は制度評価」(33P長崎版)

20200116長崎新聞「『オタク』集う憩いの場 カフェ&バー好き間」(13Pローカル・県南県北面)

20200401長崎新聞「障害ある子の母親 働きやすく 佐々の吉居さん」(13Pローカル・さくら版面)

20200506長崎新聞「日商簿記3級合格 受験時小学6年の快挙」(2Pローカル・まるごとろーかる面)
20200506長崎国際テレビ(NIB)news every「快挙!簿記合格の少年抱く夢は」

【専門家派遣】

長崎県経営支援課 専門家派遣(2019)

長崎県商工会連合会 消費税軽減税率対応窓口相談等事業に係る専門家派遣(2019)

長崎県商工会連合会 地域産業活性化支援事業に係る専門家派遣(2019)

【公的審査委員会委員】

長崎県WEB広告を利用したUターン促進プロモーション 業務委託に係るプロポーザル審査委員会 委員就任(2019年)

【原稿執筆】

宝島社
「田舎暮らしの本」2018年12月号 「離島で起業が今、熱い!」
「田舎暮らしの本」2020年05月号 「キットハウスで家を建てる」

朝日新聞
2018年7月11日付夕刊 コラム寄稿「島に息づくカトリック文化 潜伏キリシタン世界遺産登録」

離島経済新聞社「ritokei」×地方創生「連携・交流広場」タイアップ企画 「ない」から生まれる創造力が「ある」島へ
小値賀島の島々

Re島PROJECT
Re島ブログ・新上五島町エリア担当(2018年11月~)

株式会社虎屋(長崎県新上五島町)
HP文章作成

NPO法人離島経済新聞社(東京都世田谷区)
「島Column」(食コラム 2017年3月~)
【特集|島と海ごみ】ドローンやアートで海ごみ問題を啓発する五島列島の高校生(2019年6月)
ほか多数

公益財団法人日本離島センター(東京都千代田区) 季刊「しま」(2017年6月~)等
季刊「しま」250号
ほか多数

株式会社やがため(長崎県新上五島町)
プレスリリース作成
川口踊様インタビュー記事

長崎県商工会連合会(長崎市) 長崎新聞紙面での長期連載「商工会の挑戦」計83本(2018年1月~2020年3月)
「商工会の挑戦」①

トップアート紙工印刷(長崎市)(2018年~)
五島手延うどん協同組合 2018夏号通販カタログ 島の息吹
五島手延うどん協同組合 2018冬号通販カタログ 島の息吹
五島手延うどん協同組合 2019夏号通販カタログ 島の息吹
五島手延うどん協同組合 2019冬号通販カタログ 島の息吹
五島手延うどん協同組合 2020夏号通販カタログ 島の息吹

【お客様の声】

株式会社虎屋(長崎県新上五島町)
取締役 南こころ様

雑誌に載せるお店の紹介、ホームページのチョコチョコとした差し込み文章、リーフレット用の文章と色々と対応していただきました。
書くために、丁寧に話を聞いて文章にして頂いたもの。私の書いた文章を指定された文字数に合わせてくれたり、簡潔にまとめたりといったお仕事をしていただきました。どれもこちらの要望以上の文章になって私の手元に届きました。今までは何でも自分で書いておりましたが、読んでいただく方にわかりやすく伝わりそうで頼んで良かったです。

NPO法人離島経済新聞社(東京都世田谷区)
編集者 宮本なみこ様

竹内さんの執筆する文章はのびやかでテンポよく、読んでいて楽しい気持ちになります。また、原稿内容についてしっかりと裏付けを取る真面目な姿勢は(これは、ライターさんとしては当たり前のことなのですが、実際に一つひとつ事実確認するのは大変なこと……)、お話しを伺う方への誠実さの表れだと思います。これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

長崎県長崎市在住
会社員 石田雅博様

竹内さんに依頼した取材記事は、読者の心に幸せを運ぶ、すばらしい内容でした。
行間から、人に温かく、まことに誠実な人柄が溢れているのです。心に響く文章の書ける本物のジャーナリストだと思いました。わざわざ本人に確かめなくても、新聞記者という天職をなげうって、ご夫婦で上五島に移住した理由が分かったような気がしています。島にとっても、いや今の時代にとっても、かけがえのない逸材であることに間違いはありません。

長崎県在住
会社員 小松功様

担当課の新しい試みで、地元の新聞へ私どもの日々の取組みについて、毎週コラム形式で掲載してもらえるようになりました。
ひとりでも多くの読者が興味を示してもらいたいとの思いから、竹内さんに取材とコラム作成を依頼しました。出来上がったコラムを読んでみると、こちらが思い描いていたモノ以上の出来映えで、竹内さんにお願いして良かったというのが正直な感想です。
インタビュイー(取材を受ける人)の不安や悩みなど当時の様子が映像として浮かび上がってくるような描写で、大変満足しています。おかげで「毎週掲載されるコラムを楽しみにしています」というお声をいただくほど、関係機関からも高い評価を受けています。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。