フリーランス・個人事業主 2020年分から要件変更! 青色申告特別控除65万円をゲットしよう e-Tax確定申告ガイド ~申請準備編~

ライティングコンサルタント/ライター事務所「ツムギヤ」のアキラ(@510tsumugiya)です。

2018(平成30)年度の税制改正で、青色申告に大きな変更がありました。

個人事業主・フリーランスの方は、特別控除65万円をゲットするため青色申告を選択した人も多かったはずですが、2020年分以降の個人事業主の青色申告では、特別控除額が基本的に65万円→55万円に減額。一定条件を満たした場合のみ65万円控除が受けられるようになりました。

その一定条件というのが、e-Taxによる確定申告。たかが10万円の差かもしれませんが、個人事業主であれば経費を10万円積み上げる難しさはご存じのはず。

税制改正を機に確定申告をe-Taxに切り替える人が増えていることを背景に、手順をまとめました。

改正「青色申告特別控除」 e-Taxによる確定申告で控除額がアップ、節税に貢献

まず、2018年度の税制改正を、個人事業主やフリーランスに関係がある部分を中心に確認します。

・青色申告特別控除額 65万円→55万円
・基礎控除額     38万円→48万円

この改正では、青色申告特別控除と基礎控除が変更されました。

青色申告控除額は、2019年までは要件を満たしているかどうか(複式簿記を採用しているかなど)で「65万円」または「10万円」でしたが、2020年以後は、65万円の控除額のみが55万円に減額されてしまいました。

一方、基礎控除は38万円から48万円に増額。基礎控除とは、所得税額の計算をする際に総所得などから差し引くことができる控除のこと。個人事業主やフリーランスを含め、すべての人に適用されます。

実は、所得額によって基礎控除額も細かく変更されたんですが、大半の人には関係がないので、ここでは38万円→48万円になった、とだけ覚えておいてください。

青色申告控除額が10万円減り、基礎控除額が10万円増となったので、結果的にはプラスマイナスゼロでトントン。これまで通り、確定申告書類を郵送したり、税務署に持参したりしても増税になるわけではありません。

                          国税庁資料より抜粋

ただ、青色申告控除額を10万円上積みし65万円にするすることも可能で、その方法がインターネットを利用して確定申告手続きを行うシステム「e-Tax」を利用することです。

青色申告特別控除で、控除額を10万円上乗せする方法は2つ

青色申告特別控除で「満額」の65万円を獲得する方法は、正確には「e-Tax」と「電子帳簿保存」の2つがあります。

e-Taxはともかく、電子帳簿保存はなじみの薄い人も多いのではないでしょうか?

簡単に説明すると、帳簿を電子データのまま保存しておくもので、事前に税務署に申請書を提出する必要があります。申請書は、関係帳簿の備付けを開始する3カ月前までに提出する必要があります。結構、時間がかかりますね。

注意しないといけないのは、税務署の承認を受けないまま、市販の会計ソフトなどを活用し電子データを保存することは認められていないということ。この制度を利用するには、忘れないようにしましょう。

ちなみに、確定申告を市販されているクラウド会計ソフトを利用して行っている人も多いと思いますが、対応しているソフトは限られているので、事前に確認しておきましょう。

65万円控除を獲得しようとする人のほとんどが、おそらくe-Taxを利用すると思うので、こちらの方を重点的に解説したいと思います。

e-Taxによる確定申告は「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2つ

国税庁は2019年1月から、e-Taxの利便性を高めるため、システムを改修し「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2方式の運用を開始しました。国税庁HPの資料が分かりやすいので以下に添付します。

国税庁HPから抜粋

「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の最も大きな違いは、マイナンバーカードが必要かどうか、ということ。

マイナンバーカードは、ペラペラの紙のマイナンバー通知カードと違い、公的身分証明書として使えます。行政もあらゆる行政サービスに活用しようとしてきましたが、制度への不信感が根強く、なかなか普及していません。マイナンバーに不信感があっても、「マイナンバーカード方式」で確定申告しようという人は、カード所有が大前提となります。

一方で、ID・パスワード方式は、マイナンバーカードを持っていない人でもe-Taxで確定申告することが可能。利用するには、税務署職員と対面で本人確認を行ったうえでID・パスワードを発行してもらう必要があり、本人確認には、運転免許証などの身分証明書が必要で、即日発行してもらえます。

ただ、ID・パスワード方式に対し、国は「マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な対応」としています。さらに、この方式で確定申告した人に聞くと、クラウド会計ソフトなどを利用して作成した確定申告用資料を国税庁の確定申告書作成システムに転記する作業負担が大きく、決してお勧めできない、とのことでした。

暫定措置である、との話も併せて、個人的には最初からマイナンバーカード方式を採用した方がいいと思います。

e-Tax確定申告にはハード、ソフト両面での準備が必要

e-Tax確定申告をするには、意外と準備に時間がかかります。ここでは、事前に用意しないといけないことを確認したいと思います。

申告時に準備しないといけないのは、

【ハード面】
 ・マイナンバーカードの取得
 ・ICカードリーダーの入手
【ソフト面】
 ・「利用者識別番号」の取得
 ・事前準備セットアップ

となります。ひとつづつ見ていきます。

マイナンバーカードの取得 

マイナンバーカードを取得するための申請には、実はいろいろな方法があります。役所の窓口に行かないとダメ、と思っている人は意外に多いですが、ネットでも申請可能です。

具体的に、申請には「郵送」「証明写真機」「パソコン」「スマホ」と4つの手段があります。

【郵便】

以前、住民票の住所に「通知カード」と「個人番号カード交付申請書」が簡易書留で届いているはずですが、通知カードは残っていても交付申請書は紛失してしまった人がほとんどではないでしょうか。

そんな方でも安心。マイナンバーカード総合サイトで「交付申請書」と「封筒材料」のダウンロードできます。リンクを張っておきました。

交付申請書のダウンロードはこちらから
封筒材料のダウンロードはこちら

「個人番号カード交付申請書」の記載はそれほど難しくありませんが、必要に応じてこちらの総合サイトをご参照ください。

「個人番号カード交付申請書」の記載方法について

【証明写真機】

実は僕、これを知らなかったんですが、町中にある証明写真機でも申請が可能なんです。

日本オート・フォート株式会社HPから

顔写真を撮るついでに、そのまま申請できるという優れモノ。申請しやすいかどうかは別として、話題としてもおもしろいですね。

【パソコン、スマホ】

さて、現実的な申請方法は、こちらのパソコンもしくはスマホが主流になると思います。

両方とも基本的に申請の流れは同じなので、まとめてご紹介したいと思います。

まずはデジカメやスマホで顔写真を撮影し、PCまたはスマホに画像を取り込みます。

あとは、交付申請用のWEBサイトにアクセスし、画面の指示に従い必要事項を入力し、顔写真を添付して送信するだけ。写真さえあれば、短時間で申請できるでしょう。

念のために、マイナンバーカード総合サイトの参照サイトのリンクを張っておきます。

パソコンからの申請方法はこちら
スマートフォンからの申請方法はこちら

マイナンバーカードには4種類の暗証番号設定が必要

マイナンバーカードを交付してもらう際、暗証番号を設定する必要がありますが、実は4種類もあります。

1、署名用電子証明書
2、利用者証明用電子証明書
3、住民基本台帳
4、券面事項入力補助用

4つあるだけでもややこしいのに、1は「英数字6 文字以上16 文字以下」、2~4は「数字4ケタ」と文字数まで違います。ちなみに1の「

英(アルファベット)」は大文字のみ。

幸い?2~4は同じ数字でもOKですが、忘れてしまいますよね? 僕は、いざ暗証番号を入力しようとしたとき、正確に覚えておらず間違いを繰り返し、マイナンバーカードをロックされてしまいました。

署名用電子証明書は5回、利用者証明用電子証明書は3回連続して誤入力することでロックされます。 これには注意!

ロックを解除するには、わざわざ市区町村役場にまで足を運ぶ必要があるので、暗証番号は紙に書くなどして大切に保管しておきましょう。

国税庁資料から抜粋

ICカードリーダーの入手

e-Taxを行うには、マイナンバーカードに記録されている電子情報を読み取るための機器「ICカードリーダー」が必要です。

Suicaの情報なども読み取ることができますが、実いろいろ種類があり、どれを買おうか迷いがち。

個人的にお勧めするのが、SONYの「PaSoRi(RC-S380)」。利用者が多いため利用方法を紹介するサイトも多く、安心感があります。


ICカードリーダーを入手すれば、ハード面での準備は終了。

あとは「利用者識別番号」の取得や、事前準備セットアップ作業に移ります。

これらの内容は、次のブログでご紹介することにします。続けてご一読ください。

併せて読みたい

フリーランス・個人事業主 2020年分から要件変更! 青色申告特別控除65万円をゲットしよう e-Tax確定申告ガイド ~利用者識別番号取得編①~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です