2019GW空け エギングで良型のアオリイカを次々ゲット! 五島列島・釣り日誌 

ゴールデンウィーク空け 「今年はいい」との噂でアオリイカを狙う

ライター事務所「ツムギヤ」のアキラ(@510tsumugiya)です。

2019年春、僕が暮らす長崎県の離島・新上五島町では「アオリイカが好調」と言われています。

一年前、島でフリーライターとして独立して以降、なかなか釣りにも行けませんでしたが、いろんな人がナイスサイズのアオリイカを釣っているのをSNSで見て5月中旬、耐えきれず出撃しました。

まず成果から報告すると……

噂に違わず好調! ナイスサイズが立て続けに釣れました!

島北部の実績ポイント 多数のスミ跡発見に活性が上がる 

この日は、島北部にある港湾部に出撃。

昔から大型が釣れると言われる実績ポイントです。

近年、あまり調子が良くないと言われていましたが(そもそも島全体で釣れなくなった)、この日は約一年ぶりに足を運んでみました。出撃時間は昼過ぎです。

さっそく現場をパトロールしていると、あるある……。

おなじみの、スミ跡です。まだ新しいものが多く、この日早朝あたりに残されたものかもしれません。たくさんあって、活性が上がります。

海は上げ潮 地合いは良さそうだが…

実はあまり釣りの知識はないんですが、潮の動きだけはいつも気にしています。

この島では、上げ潮の時の方が釣れる、と話す人が多いです。

僕も確かにそんな印象があって、できるだけ下げ止まってから潮が勢いよく動き出す上げ3分以降を狙って出撃することが多いです。マヅメ時と重なれば最高ですね。

一方で、ポイントによっては下げ潮の時の方がいい、と言われる場所もあり、結局はポイント次第でしょうか。何度も足を運んで探るしかなさそうです。

この日、ポイントについたのは真昼間でしたが、ちょうど上げ3分ぐらいのタイミングで、期待大です。

島人おすすめオレンジ色のエギでランガン アオリイカが次々ヒット!

今回、エギは島の人が好んで使うことが多オレンジ色をチョイス。

僕はあまのじゃくなので、普段はブルー系や金テープを採用することが多いですが、やっぱりオレンジが釣れそうな気がするので、ひそかに購入していました。

海面をよく見ると、アオリイカがたくさん群れている姿がちらちら見えます! あれ、イカって群れるんだっけ……と思いながらも、すかさずキャスト。

エギングの基本である深場を丁寧に探りながら、4投目ほどでしょうか、しゃくろうとロッドを立てたところ、グググッ…。ヒットです! 得意の向こう合わせ!

ぎゅんぎゅんと心地よい引きがなつかしく、一気にテンションが上がりました。

引きの強さもそれなり。引き上げると目視で1キロほどのアオリイカでした!(1枚目の写真)

気を良くして、少しずつポイントをずらしながら投げ続けたところ、立て続けにヒット。わずか30~40分で、アオリイカを計3匹釣り上げました!

味は最高 アオリイカの刺身は釣りたてが一番

あまりたくさん釣れても困るので、この日は3匹でさっと納竿。すべて1~1・5キロ程度のナイスサイズでした。

島では4キロ近いアオリイカも上がりますが、食べごろはやはり1キロ強まででしょうか。

アオリイカは、イカのなかでも特に味がいいことで知られていますが、おすすめはやっぱりお刺身です。

冷凍保存も効きますが、刺身はやはり釣りたてが一番。この日の夕食の食卓に、数時間前に釣ったイカが、お刺身として並びました。

もちろん、味は最高でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です