ソフトルアーでアジング 小物青物はトゥイッチングが効果的! 五島列島・釣り日誌 

ポトリ多発! 緊張感がたまらない ルアーでの尺アジ狙い

ライター事務所「ツムギヤ」のアキラ(@510tsumugiya)です。

アジといえば、釣り初心者の方にはおなじみの魚ですね。

どこにでもいるし、初めて挑戦した釣りがサビキでのアジ釣り、という方も多いのではないでしょうか?

僕が住んでいる長崎県・五島列島でもアジはポピュラーですが、30センチオーバーの釣り人憧れの「尺アジ」が釣れた、との噂を以前から耳にしていました。

尺アジ。いいですよね。

それでは! と出撃したところ……

尺には届きませんでしたが、ナイスサイズの味をゲットしました!

ワームでのアジング たまらないハラハラ感

籠をつけてのサビキ釣りもいいですが、ルアー釣りにも独特のおもしろさがあります。

ライトタックルで、細いラインにマイクロワームをつけてのアジ釣りは、スリル満点。

僕のおすすめは、エコギアの「グラスミノーs」です。

アジは口がやわらかいので、かかっても強引に引き上げようとすると「ポトリ」。

目の前でポトリが発生し、涙をのんだ方も多いのではないでしょうか?

尺アジなどがかかったりすると、押したり引いたり、ものすごくハラハラしますが、そのやり取りが最高です。

さて、この日は島北部の堤防に向かいました。

夕マヅメ時 ジグヘッド+グラスミノーをチョイス

様子を探るため、飛距離を稼げるメタルジグを投げてみたところ、何やら追いかけてくる魚がいます。

時合は夕マヅメ。活性は高いようです。

最初はカマスかと思ったんですが、どうもサイズが足りません。鯖にしては、背中の色が白っぽい。

なんだろうと思い、今度は釣りあげる目的で実績のあるソフトルアー「グラスミノーS」を1・8グラムのジグヘッドに付けてキャスト。

コツコツというアタリが続き、数投目にヒット!

ブルブルといったこの引きは……狙い通りのアジです!

サイズは20センチちょいと小ぶりですが、なかなかの引き。

アジングはいつやっても楽しいです。

入れ食いとまではいきませんが、なかなか反応が良く、同じぐらいのサイズを30分で10匹ほど釣りあげました。

本当は、この三倍以上かかったんですが、やはり目の前で「ポトリ」が多発! これもまた、アジ釣りの醍醐味と思い、楽しめました。

アジ釣りはトゥイッチングが効果的! アタリが増加

カマスを釣るときもそうなんですが、僕は、小物の青物には「トゥイッチング」が効果的だと感じています。

トゥイッチングとはツアー釣りの手法で、ルアーをキャストして糸ふけをとった後、ロッドを下げて、手首を使って手前に軽くヒュンヒュンと引く釣法。

ルアーがスピードを変えながら逃げまどい泳ぐイメージでしょうか。

最近のルアーはよく泳ぐので、基本的にアクションは不要だとは思いますが、トゥイッチングを入れることでヒットする確率が高まるケースも多いと思います。

この日もそうでした。

反応がいい割には食いがイマイチ渋い感じもあったため、トゥイッチングを入れたところヒット数が増えたと思います。

みなさんも、青物の食いが渋いときはトゥイッチングを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、この日のアジは強めに塩を振って塩焼きにしました。

美味!

大物釣りもいいですが、ルアーを使ってのライトタックルアジングもとっても楽しいです。

未経験の方は、一度、挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です