フカセでメジナ釣るなら「肥前屋」でまきエサを 五島列島・新上五島町

メジナ(クロ)ファンが御用達

ライター事務所「つむぎや」のアキラ(@510tsumugiya)です。

僕が住んでいる長崎県・五島列島の新上五島町は、メジナ(クロ)の釣り場として有名です。

冬場、島への観光客は激減しますがメジナ釣りはシーズンなので、荒波を乗り越えて愛好家が本土からやってきます。島にとっては、とてもありがたいことです。

メジナを釣るにはフカセ釣りが基本となりますが、フカセに不可欠なのがまきエサ。

まきエサの購入先として、島の内外を問わず常連客の多いのが、老舗釣具店「肥前屋」です。

新上五島町では数少ない老舗の釣具専門店

新上五島町では、ホームセンターなどが釣具やまきエサの材料を扱っていて、釣具専門店は意外と少ないです。

「肥前屋」は、その数少ない釣具専門店の一つ。新上五島町有川郷にある有川港ターミナルから歩いて行ける距離にあります。

店主の西村邦久さんは二代目で、店舗は70年ほど前から営業しているとのこと。老舗ですね。

仲良くなれば、釣り情報なども入手できるかもしれません……。

雑談していて耳を疑ったんですが、ご主人はなんと釣りをしないそうです!

いわく「仕事と趣味は、分けたほうがいい」。

手間がかかるまきエサの配合もお任せ!

フカセ釣りに使うまきエサは、いろいろな材料を配合します。

地元のメジナ愛好家は、それぞれこだわりの配合があり、練り具合や固さも好みはバラバラ。自ら配合を行う人も多いです。これも、フカセの楽しみの一つですよね

一方、島外からはるばるやってくる釣り人の場合、まきエサは島で調達する場合がほとんど。

肥前屋さんによると、常連さんは船が島に到着する時間を前もって肥前屋に連絡。島に到着したその足でまきエサを取りに来て、そのまま磯に向かうそうです。

肥前屋さんが重宝される理由の一つが、まきエサの配合をしてくれること。ここまで準備してくれるのは、肥前屋だけではないでしょうか。

初心者でも安心 店主が相談に応じます

肥前屋で配合してもらえるまきエサの材料は、オキアミ、アミ、ムギ、パン粉、集魚剤など。

「いつもの」で通じる常連さんもいるようですが、初心者は何をどれくらいの割合で配合すればいいのか分からないと思います。

ですが、心配無用。ご主人が相談に応じてくれます。

まきエサを入れて運ぶ「バッカン」も貸し出しています。まきエサごとそのまま釣り場に持ち運ぶスタイルです。

バッカンにはまきエサが約8キロ入りますが、この量で値段は2700円ほどです。

ちなみに、シロギス釣りなどで使うゴカイやイソメなどの虫エサは扱っていません。

その他、種類は多くないですが、エギングに使うエギやルアー、初心者用の安価なタックルなども扱っています。

五島でフカセをしたい、という方は、一度連絡してみてはいかがでしょうか。

 

【連絡先】
釣具の「肥前屋」
〒857-4211
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷2725
TEL 0959-42-0287

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です