エサとしてのキビナゴ その実力を試す 長崎県・五島列島

最強の釣りエサを探そう キビナゴは「神エサ」となりうるか

ライター事務所「つむぎや」のアキラ(@510tsumugiya)です。

先日アップしたエサ釣りシリーズ第1弾が好評だったので、続いて第2段。

長崎県・五島列島に移住して以来、いろいろな自家製エサで釣果を試していますが、今回は試したエサのは「キビナゴ」です。

準備は簡単 スーパーで購入、塩でしめるだけ

キビナゴは、こちら九州ではキビナと呼ばれています。

スーパーでも売っていて、1パック200円ほど。きれいな刺身にしてあるのをよく見かけます。

賞味期限が迫ったものだと、半額になっていることも多いので、スーパーの閉店間際を狙って買う手もあります。

釣りに向けて安い精製塩をたっぷりかけてしめ、そのまま新聞紙に包み冷凍庫で保管していました。

キビナゴは少し水っぽい魚です。エサとしては身持ちがよくなさそうなので、塩でしめる方法を採用しました。

丸ごと針に差してもよさそうですが、今回は半分に切って大きめの針が付いている市販のカマス用サビキに付けました。

こんな感じです。

止まらないアタリ! 五目釣りを満喫

この日は、大潮後の中潮でした。

釣りの本には「大潮の後の中潮は良く釣れる」と書いてあります。期待大。

さっそく塩キビナゴを付け第1投!

このポイントは浅場です。投げられる範囲の水深は、せいぜい5メートル程度でしょうか。

エサが着底した途端、いきなりぐぐっとアタリがありました!

が、軽い! ほとんど抵抗もないまま巻き上げると……ベラ。即リリース。

ひとまず、塩キビナゴもなかなか瞬発力のあることが分かりました。

続けて第2投。

またもや即ヒット! 根に潜り込もうとしているのか、かなり抵抗しています!

なんとか巻き上げると、島ではポピュラーなカサゴ(アラカブ)でした。

カサゴはエサ釣りの場合、魚の切り身にいい反応を見せる印象があります。

その後も、投げるたびにカサゴやキジハタ(アコウ)、ベラが釣れ、瞬く間に10匹ほど釣り上げました!

一番大きかったのは、このカサゴ。置き竿してのんびりとジュースを飲んでいたところ、竿が跳ね上がりました。

あと少しで尺というサイズです。この日は尺クラスの3匹だけ持ち帰り、潮汁にして食べました。

エサとしての実力 塩サバの切り身には劣るか

今回の結論です。

エサとしてのキビナゴですが、集魚力はなかなか。狙う魚にもよると思いますが、「神エサ」である塩サバより少し劣る、ぐらいの印象でした。

少し残念なのは、塩でしめてもやはりやわらかく、身もちがいまひとつということ。

とりわけ身を半分に切り分けた際、頭のある方が簡単に取られてしまうケースが多かったです。

塩サバの場合、粘りがある皮のおかげで身持ちも良く、この店でもやはりワンランク上という印象。

一方、キビナゴはコストパフォーマンスが高いです。1センチ幅ぐらいに輪切りにし、ウキ釣りのエサに使っている人も見かけます。

こうやって、釣りエサもいろいろ試すとおもしろいですね。

みなさんも、いろいろなエサ釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。


併せて読みたい「エサ」シリーズリンク

「自家製『神エサ』でカサゴ入れ食い! 長崎県・五島列島」
「恐るべし集魚力とエサ持ちのよさ イカの切り身で五目釣り 長崎県・五島列島」

 

エサとしてのキビナゴ その実力を試す 長崎県・五島列島” に対して 2 件のコメントがあります

  1. こーすけ より:

    はじめまして!

    ブログをみて早速キビナゴでエサ釣りやってみました!

    当たりがなかった1時間が嘘のように1時間でアラカブが5匹も!

    今度は神エサの塩サバ試してみます!

    1. 管理人 より:

      こーすけ様

      管理人の竹内です。
      キビナゴ、試して頂きありがとうございます!
      アラカブが5匹! キビナゴが炸裂しましたね!
      いえ、それよりもこーすけさんの腕が良かったのだと思いますよ!
      塩サバの破壊力もすごいので、ぜひ試してください。
      ブログに来ていただいて、ありがとうございました。
      またのぞきに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です