自家製「神エサ」でカサゴ入れ食い! 長崎県・五島列島

ルアー釣りは格好いい? エサ釣りは古い?

ライター事務所「つむぎや」のアキラ(@510tsumugiya)です。

僕がルアー釣りを始めたのは、二十歳過ぎからです。以来、ルアー釣りばかりしてきましたが、長崎県・五島列島に移住してからは、時々エサ釣りもするようになりました。

ルアーを始めたばかりのころは「新しいスタイルの釣り! ルアー釣りは格好いい!」「エサ釣りは手が汚れるし、準備も面倒」と思っていました。

ですが、島に移住して島の人といろいろな釣りに挑戦するようになり、考えが変わりました。

ルアー釣り、エサ釣り それぞれの魅力を知ろう

ルアーとエサ、それぞれに釣りやすい魚があります。

例えば、五島の人気ターゲットのアオリイカ。

ルアーの一種であるエギが発達したおかげで、シャクリは少し難しいですが、初心者でも比較的挑戦しやすいです。

これが、昔ながらのエサ釣りとなると結構、敷居が高い。

まず生きエサ用の小アジをサビキで釣って、それに針に掛けて泳がせて……という手順が必要。実は、この「面倒くささ」が楽しみでもありますが、なかなかやろうという気になれません。

その点、エギは手軽。タックルを車に積んでおけば、仕事帰りなどいつでも気軽に始められます。

一方、これも島を代表するターゲットのメジナ(クロ)。

ルアー釣りは聞いたことがありません。おそらく釣れないと思います。ほとんどの人がフカセ釣りではないでしょうか。

久しぶりのエサ釣り……これはこれで面白い!

約20年ぶりにエサ釣りをして感じたのは、これはこれでとても魅力がある、ということです。

まず、やっぱりエサは釣れますよね。あらためて実感しました。

狙った獲物は釣れなくても、ボウズが極端に少ない。これは釣り人にとって精神衛生上、大事なことではないでしょうか。「何でもいいから1匹!」と、神様に祈ったことありますよね?

準備に手間がかかることは確かです。やっぱり手も汚れますし、ゴカイなどの虫エサが苦手な人も多いでしょう。

撒き餌も、フカセなど本格的な釣りになるとかなりの重量もあって足場が悪い地磯などは移動も一苦労。でも、準備も含め、やっぱりそれはそれで楽しくもあります。

ルアー釣り、エサ釣り、どちらにもそれぞれ楽しみ方があり、それぞれ釣りやすい魚もあります。であるならば、ケースバイケースで両方楽しんだほうが釣りライフの幅が広がるのでは、と思うようになりました。

自家製エサ「塩サバの切り身」を試す

エサ釣りの魅力を再認識し、今回試したエサがこれです!

自家製の「塩サバ」!

いろいろ釣れると島の人に聞いていたので、自分で作りました。

準備は簡単。スーパーで買った格安のサバの切り身(外国産で100円ぐらい)を短冊型に切り、塩でしめただけです。

原価はかなり低く、お財布にやさしいエサ。さて、その釣果は……。

塩サバの切り身は「神エサ」! 入れ食い状態に

塩サバを試したポイントは、ほぼ始めての場所。

水深は浅く、足元はゴロタですが、少し沖は砂と読んで行きました。

昔なつかしいジェット天秤に、1枚目の写真のように塩サバを付けキャスト。

天秤が着底し、ゴツンという感触。底は岩場か、油断していると根がかりするな……でも、根魚もいそうだ……と考えていると、いきなりぎゅんぎゅんという強い引きです!

あわてて巻きますが、ずいぶん重い。何が釣れたか分からないまま引き上げると、キジハタ(アコウ)とベラの2匹掛けです!

キジハタだけでも30センチほどありました。どうりで重いはず……。

1投目から幸先がいい……と2投目をキャスト。すると、またもや着底直後にアタリがきました。

サバ身の強い匂いや脂、皮のキラキラも有効か

巻き上げると、今度はカサゴが2匹!

確かに、マヅメ時ではありました。かつ、潮は下げ三分と絶好。

普段、釣りをして入る人もいない場所で、魚もスレていないでしょう。

それにしても、でした。

その後も、投げるたびにカサゴが掛かり、13匹まで数えていましたが、そのあとは忘れました。

カサゴが入れ食いだなんて信じられませんでした。20~30メートルほど塩サバを投げただけです。

条件も良かったのでしょうが、それにしても恐るべきは塩サバです。

サバ特有の強いアブラの匂いやキラキラと光る皮などが魚を集めたと思いますが、その実力恐るべしです。

釣れすぎて、面白くなかったぐらい!

贅沢! 「もしかしたら、釣りって簡単なのかも」と思ってしまいました……。

カサゴは、夫婦で食べる分4匹だけをキープ。残りは海に帰しました。

やはり生エサはよく釣れる そして釣れると面白い

生エサは、やっぱりよく釣れます。

釣れすぎて面白くないと書きましたが、やはり釣れると面白いですよね。それが安価かつ自家製であれば、なおさら。とても簡単なので、みなさんも是非、一度「神エサ」を試してください。

次回は「神エサ」を使って別の魚を狙ってみたいと思います!

みなさんも、自分で見つけた「神エサ」があれば教えてください!


併せて読みたい「エサ」シリーズリンク

「恐るべし集魚力とエサ持ちのよさ イカの切り身で五目釣り 長崎県・五島列島」
「エサとしてのキビナゴ その実力を試す 長崎県・五島列島」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です