世界遺産、移住ブーム、国境離島新法の波に乗れ ~ライター起業@五島列島③~

「島で、ライターとして起業します」

そう言うと、よく聞き返されることがあります。

「島に注目している人なんているの?」

世界遺産、田舎への移住、国境離島新法……。いま島に熱視線!?

ライター事務所「つむぎや」のアキラ(@510tsumugiya)です。

このブログを書いているのは、2017年秋。

少なくとも現時点では、離島への注目度が高まっていると感じています

やみくもに離島での起業を決めた訳ではありません。

僕も、生活がかかっています。

その「注目度が高まっている」根拠に、少し触れたいと思います。

世界遺産登録の動き ~「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」~

僕が住んでいる長崎県・五島列島の一部を含む地域が、世界遺産候補の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」になっていています。2018年度の登録が目標です。

ちなみに、この関連遺産には12の構成資産があります(下図参照)

出展:長崎県世界遺産登録推進課「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」サイト

もちろん、現段階では「とらぬ狸」。どうなるかは分かりません。実際、これまでも紆余曲折がありました。

もともと国は「長崎の教会群」で世界遺産登録を目指していましたが、土壇場になって雲行きが怪しくなったため、ユネスコへの推薦をいったん取り下げ。構成資産を潜伏キリシタン関係に切り替え再度、登録を目指しているところです。

「教会群」で世界遺産が決まるか決まらないかと大詰めを迎えていた時期、つまり2015~2016年にかけてですが、僕の島にも新聞やテレビなどのメディアや広告代理店、雑誌などの取材陣がたくさん島にやって来ました。

仮に世界遺産登録に成功すれば、メディアに取り上げられる機会は相当増えるはず。

一時的かもしれませんが、ライターとしてもビジネスチャンスだと思っています。

引き続き地方移住ブーム

ブームとまで言っていいのか分かりませんが、多様な生き方が求められる時代になって、離島を含めた地方への移住の流れは、それなりに続いていると思います。

実際、僕も地域おこし協力隊という制度を活用して五島列島に移住しましたが比較的、知名度が低い離島であるにも関わらず、移住者は思ったより多いです。

どうせ地方に移住するなら、突き抜けて離島に行こう! と計画を練っている人も、そこそこいるのではないでしょうか。

実際、「離島暮らしはどうなのか」とか「移住して良かったこと悪かったこと」など、メディアなどから取材を受ける機会も多いです。

もし世界遺産に登録されれば観光客も増えそうですが、観光がきっかけで島が好きになり移住する人も出てくるのではないでしょうか。世界遺産には、その点でも期待したいです。

島活性化への起爆剤 「国境離島新法」施行

2017年4月、いわゆる「国境離島新法」が施行されました。

過疎化が進む国境に近い離島に、人が住み続けられるように国が積極的に関与する、といった法律。「我が国の領海や排他的経済水域を保全することを目的」としています。

政治的目的は別にして、この法律によって離島の住民は航路・空路の運賃が、JR並みに引き下げられました。

ちなみに、引き下げられた運賃の目安ですが、
・フェリーは普通列車
・高速船は特急自由席
・空路は新幹線
となっています。

半額ぐらいになった便もあります。大きいですよね。

さらに、島で働く場をつくりだすことを目的に、創業・事業拡大環境を整備するための交付金制度もはじまりました。補助対象事業の上限額は、創業が600万円、事業拡大は1600万円。このうち事業者負担は4分の1です。

2017年度に島の自治体が開いた説明会には、意欲のある事業者や起業家が大勢参加したそうです。

世界遺産の追い風もあり、島に人やカネ、モノが流れ込む契機となりそうです。

世界遺産、移住ブーム、国境離島新法……。フリーライターとして波に乗れるか

このように、いま島にはある程度の材料が、そろっていると思います。

いい波が来ているのではないでしょうか。

あとは、その波に乗って、うまくビジネスにつなげられるか。

これまで20年ほどサラリーマンしかしてこなかったので不安は尽きません。

でも、何回も生まれ変わって、何回も人生を楽しめるわけではないので、どうせならいろいろ挑戦したいと思います。

 


併せてお読みください

離島起業を目指しコンテストに応募するも落選した
「ビジネスプランコンテスト落選! ~ライター起業@五島列島①~」

離島起業について掘り下げた
「離島起業の可能性を探る ~ライター起業@五島列島②~」

もう一度ペンを握りライターになろうと思ったきっかけ
「もう一度ペンを握りたい 背中を押した男性の涙 ~ライター起業@五島列島④~」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です