ライターのみなさん 文章直されると腹が立ちますか?

ライターなら避けられない文章の修正

ライター事務所「つむぎや」のアキラ(@510tsumugiya)です。

WEBライターであれ雑誌記者であれ、文章を書いて収入を得ている人なら、発注元や編集者から文章を修正された経験があると思います。

腹が立ちましたか?

嫌な気分になりましたか?

「こいつ、分かってねえな」と心の中で毒づいたりしませんでしたか?

普通、なりますよね。

きれいごとは言いません。苦労して書いた文章なのにあれこれ言われると、だれだってハッピーじゃないでしょう

みんな、そうですよ。僕もそうです。

でも、ちょっと考えてください。

ただ腹を立てて終わるのか、そこから何かを学ぶのか。

その違いがライターとしての成長に大きく影響します。今回はそんな話がテーマです。

「分かってないな、業界じゃこうなんだよ」

僕はライティングだけではなく、文章の校正業務も引き受けています。

以前、ある人が書いた建築関係の文章の校正を引き受けました。専門的な内容でしたが、対象としている読者は一般市民とのことでした。

文中に見慣れない単語が登場したので、辞書で調べました。が、やはり載っていません。文脈から意味を読み取ろうとしましたが、分かりません。

筆者に連絡しました。

私「この単語なんですが、辞書にも載ってない言葉で、文脈からも何のことか分からないので、分かりやすく説明する文章を入れた方がいいです」

筆者「それはね、おれが調査したときに名前がなかったから、俺が名付けたんだよ。辞書に載っている訳がない」

私「それなら、なおさら説明が必要だと思います。『~するのに用いる●●』といった一言でも十分だと思います」

筆者「あのね、建築の業界じゃ名前がないものに関しては名前を付けるんだって! そういう業界なんだ! 分かってないな!」

非常に不毛なやり取りでした。

筆者が訳の分からない主張(名前のないものには名前を付ける業界)を繰り返すのは、単に文章を修正するよう言われたのが気に入らなかっただけだと思います。

その気持ちは、まったく分からないわけではありません。

僕も上司に食って掛かっていた過去が

僕はフリーライターになる前、17年以上、新聞記者をしていました。

20代のころは、原稿を直されると、よく「デスク」(原稿をチェックする上司)に反発していました。

「じゃあ好きなように直してくださいよ!」「そんな風に直すのなら、原稿から僕の署名取ってください!」――。

デスクとのバトル後、受話器を叩きつけたことが何度もありました。

とりわけ文章を書くことを仕事にしている人は、文章を直されることを嫌います。

みんな、自分は相当文章がうまいと思っているからでしょう。それぐらいのプライドはあってもいいかな、とは思います。

確かに、文章を直す立場の人(編集者、デスク、校閲)の能力が、明らかに低い場合もあります。

そんな時は戦ってください。バカな修正をされてバカな文章が世に出れば、あなたがバカだと思われます。遠慮する必要はありません。

ですが、そういったケースは、実はそれほど多くはない、というのが僕の感想です。

編集者やデスクなどは、言い換えれば、いわば最初の読者です。

この人たちは、基本的に「文章の内容も背景も、まったく知らない立場」として原稿を読み始めます。

最初の読者が理解できなければ、その後ろにいる大勢の読者に、書かれている内容を伝えるのは難しいでしょう。

修正に応じる応じないは、結局プライドの問題

上記の「業界じゃこうなんだよ」発言の人も、おそらく自分の文章に欠陥があったことは、すぐに理解したと思います。

ただ、こういった場合は結局、理屈じゃないんですよね。プライドの問題です。

プライドが傷つけられて腹が立っているだけです。

的確な指摘を受けても、指摘した人が年下だったり、普段から自分より下にみている人だったり、自分の持ち味を理解しているとは思えない人だったりするだけで腹が立ちます。

僕は新聞社時代、デスク業務も経験していますが、その時に感じたことがあります。

他人の原稿を直すのは、とてもエネルギーを使う作業です。時間も手間もかかりますし、ライターに反発されることも覚悟しないといけません。

でも、やっぱり読者に変な文章は届けたくない。そんな責任感を感じるから、ライターに修正の指示を出すわけです。

何も言ってこない編集者、デスクのほうが逆に信頼できない、とまで思ってもいいと思います。

だれが読んでも完ぺきな原稿なんて、世の中にありません。

それに、文章には好みもあります。

直木賞作家の文章だって、そうとは知らずに「読んで修正しろ」と言われたら、あなただってバンバン直しますよ。

ちなみに「業界じゃこうなんだよ」発言をした人には、「言葉は読んだ人に何かを伝えるもの。読んでも意味が分からないのなら、書く意味がないですよね。何も届いていないんですから」と言いました。相当嫌な顔をされましたが……。

僕もよく文章を修正されます

サラリーマン時代を含め、20年ほど文章を書く仕事をしていますが、もちろん、いまだに原稿を修正されることはたくさんあります。

振り返ると、新聞記者になって10数年たったころから、原稿に関してあれこれ言われなくなっていました。

単純に、言いにくかったんだと思います。

僕もデスク業務をしていたとき、先輩の原稿を見て「直したいところはあるけれど、間違ってはいないし、まあそのままいこうか」とやってしまうこともありました。

現在は、文章の不備を指摘してくれる人が正直、とても貴重だなと思っています。ありがたい、とさえ思うこともあります。

ライター歴が長い人も、駆け出しの人も、自分の文章に対していろいろ指摘してくれる人は、大切にしてほしいと思います。

「こいつは言ってもしょうがない」と思われたら、ライターとしておしまいじゃないでしょうか。


併せて読みたい ライティングの心構えリンク

「ライティングの基本 取材不足に気付いたら迷わず追加取材を」
「現場に行こう、人と会おう、そして原稿を書こう ~涙が止まらなくなった取材~」
「文章を書くとき心がけていることは? 道標となる井上ひさしの言葉」
「ライターのみなさん 取材中に相手が「脱線」すると腹が立ちますか?」

ライターのみなさん 文章直されると腹が立ちますか?” に対して1件のコメントがあります。

  1. ty より:

    ライターです。
    ある県の行政広報誌を書いているのですが、毎回「広報担当課」と「ページの担当課」それぞれに、えげつない量の赤字を入れられて、「これってそもそも取材する必要なかったよね・・・」というところまで赤字を入れられることが多くあります。
    今朝も、修正対応する前に心を落ち着けようと思っていたところで、このホームページに行き当たりました。
    ありがとうございました、頑張れそうです。

    1. 管理人 より:

      tyさま

      コメントありがとうございました。
      HP管理人のアキラです。

      クライアントが行政の場合は、公的な機関だけに、民間以上に気を使ったり配慮しないといけないことが多いので(それがいいか悪いかは分かりませんが…)赤入れが多いのかもしれません。

      tyさんが書いた文章を楽しみにしている人も、たくさんいるはずです。
      頑張ってください!

      五島列島から応援しています。

  2. hr より:

    記事を拝見させていただきました。

    フリーランスではなく、固定給の社員だったら修正が入るのはウレシイですね。

    しかし、業務委託の私は手直しが多い仕事は、避けてしまいます。自分勝手かもしれませんが、時給が下がるためです。

    単価が高い仕事は、別ですけど。

    1. 管理人 より:

      hr様

      コメントありがとうございました。
      管理人のアキラです。

      おっしゃるとおり、フリーランスの場合は、仕事に要する時間と、謝金のバランスを考えることは大切ですよね。
      日々の暮らしに直結しますし。

      hrさんが、いい編集者、単価の高い仕事と出会えるよう祈っています!

  3. yuesugi より:

    WEBライターです。
    記事の修正について、本当に腹が立つクライアントもいます。
    毎回、細かい言い回しなどが指摘されると、
    どう書いていいのかわからなくなります。

    よかれと思って選んだ画像もたいてい変更されます。
    正直言って、そのクライアントのサイトは魅力に欠ける部分がある。
    自分が少しでも色を添えられるならと思ったのですが、
    やはり、趣向の問題かもしれません。

    修正されて本当に申し訳ないと思うこともあります。
    実際に、おかしい文章や稚拙な文章だった時には
    勉強になるなと思います。

    でも、修正が重なってくると
    じゃあ、なぜ私に依頼したの?自分で書けば?
    と思ってしまいます
    まだ、ライター歴3年だから仕方ないのかもと
    そのクライアントの次の仕事を受けるべきか迷っているところです。

    メインで受けてる他のクライアントもあるので、
    一旦辞退しようかなと・・・・

    1. 管理人 より:

      yuesugi様

      コメントありがとうございます。
      管理人のアキラです。

      「次の仕事を受けるべきか迷っているところ」とのお話でした。
      yuesugiさんもフリーランスかと思いますが、自分の意志で仕事を
      選ぶことができるのもフリーランスの特権かと思います。
      サラリーマンでは、そうもいきません。

      各メディアにはそれぞれスタンスがあり、その立ち位置に沿った修正依頼も
      ありますが、単にライターを攻撃するのが目的なのでは? と思わざるを得ない
      ケースも実際、あると思います。

      育ててもらっている実感がなく、単にストレスがたまるだけのクライアントであれば
      、金銭面の問題もありますが、いったん清算するのも手かと思います。

      僕は、取引が長いクライアントであっても定期的に必要な交渉を行い、お互い納得でき
      ない場合は、仕事を引き受けるのをやめるケースも、それなりにあります。

      ご参考になれば幸いです!

  4. ざわざわ より:

    こんにちは。
    フリーランスの雑誌編集者をしています。
    クライアントさんからの赤入れは、むしろ、自分の成長のために有難いです。
    ですが、、その後の取材相手の原稿直しが、取材では言っていないセリフを入れたり、内容はさほど変わらないのに、勝手に自分の表現に変えられたりして、返って、読み手からすると読みづらくなります。てはいっても、相手は業界の大先生なので、無下にする事もできずです。
    だいたい赤入れはが多いのはキャリアの長い男性なので、私は女性ですが、舐められてるのかな?とちょっと虚しいです。

    1. 管理人 より:

      ざわざわ様

      ご連絡ありがとうございます。
      管理人のアキラです。

      ざわざわさんが体験された取材相手の原稿直しのケース、よくありますよね…。
      僕は「取材相手の確認作業が必須」となっている場合は、ある程度割り切らないと
      しょうがないかな、と思っています。

      ですが、どうしても読者に不親切な部分や独りよがりな時は「理論立てて」ダメな
      理由を伝え、修正したくない考え、を伝えています。
      こう直すと、こんな理屈でこうなので、やめたほうがいい、といった具合に伝えます。
      うまくいくときも、うまくいかないときもあります。

      「女性だから舐められているかも」という話は正直、どうなのか分かりませんが、
      僕の独断では、女性の方が優秀なケースが多いので、ざわざわさんも自信を持って
      いいと思います!

      とにかく「どこを向いてだれのために書いているのか」という本質は、譲らないように
      しています。僕は、記者を辞めた理由がここにあるので、余計にそう思っています。

      ざわざわさん、僕でよければ、いつでも気軽にご相談ください!
      ライターの気持ちが分かるのは、やっぱりライターですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です